マンションを買うなら新築と中古のどちらがいい?

マンション経営とサブリース制度

マンション経営は、資産効率がこの上なく良い、大変魅力的な投資手法といえます。投資対象のマンションを購入する際に、その物件自体を担保にして金融機関へ借り入れ申請をすることができます。要するに、自分の資産でない物件を持って資金を借入して、そこからの収益を自分のものにすることができるという、大変効率的な点が魅力です。

しかし、これは安定して収益を確保できることが前提となります。入居者を確保することができないと、負債の返済をすることができず、結局投資が失敗に終わってしまうことが十分考えられます。したがって、魅力ある物件を見つけることが大事であるといえます。

こういった入居者がいないというリスクを一から回避できる魅力的な手法があります。サブリースといって、不動産業者に物件を一括で借上げしてもらうというものです。入居者の有無にかかわらず、オーナーは不動産業者から家賃収入を安定して受領することができます。もちろん一定の金額を不動産業者に支払う必要があるので収益金額は下がりますが、安定感があり、安心して投資を継続することができる手法です。信頼できる不動産業者を見つけることができれば、大変魅力的でお勧めです。

Copyright 2017 マンションを買うなら新築と中古のどちらがいい? All Rights Reserved.