マンションを買うなら新築と中古のどちらがいい?

マンションの近くにあるとうれしいのは

子供のころから、何はなくとも本があれば退屈せずにずっと読んでいられるほどの本好きだった私は、最近でこそちょっと集中力が続かなかったり、じっくりと腰を落ち着けて本を読んでいる暇がないこともあって、読書から遠ざかり気味です。けれど、本当を言えば一日中でも本を読んで過ごしていたいくらいですので、自宅の近くに大きな書店があれば、こんなに嬉しいことはないでしょう。一戸建て住宅の場合、たいていは住宅街に住まいを買うことになりますが、最近は住宅街近くの商業施設から、書店はすっかり姿を消してしまいました。そのため、書店のそばに住むなら繁華街です。

繁華街に住まいを求めるとしたら、一戸建てよりもマンションの方が向いています。それこそ繁華街の真ん中に建つ分譲マンションを買えたなら、歩いてすぐのところに書店がいくつか見つかるでしょう。本が好きな人にとって一番の楽しみは、お目当ての本を買うこともありますが、ぶらぶらとどんな本が出ているのかを探してまわるのも、大きな楽しみです。それが休日にできる書店のそばにあるマンションに暮らせるのだとしたら、こんなに楽しい暮らしができる住まいもそうそうないと言えるでしょう。そんなマンション暮らしを、ぜひともしてみたいものです。

Copyright 2017 マンションを買うなら新築と中古のどちらがいい? All Rights Reserved.