マンションを買うなら新築と中古のどちらがいい?

分譲マンション購入で気になると言えば

分譲マンションを購入するとなると、いったん買ったらおいそれと手放すというわけにはいきません。長期間にわたる住宅ローンを組み、地道に返済していかなければならない上に、その間、住まいの中で傷みや故障が出れば、それを修繕していくための費用も必要です。それを考えると、分譲物件を買うと決めたら、とにかくその建物が丈夫であることは、非常に大事な条件となってきます。特に、地震の多い国である日本に住んでいる以上、いつ、どこで大きな地震が起こっても不思議ではありません。その際、マンションに耐震や免震といった対策が取られていないと困ります。

地震の揺れは、上へ行けばいくほど大きくなるという性質がありますが、免震構造で作られている場合、建物そのものはあまり揺れず、免震構造が地震の揺れを吸収して揺れ、建物そのものには揺れを伝えないという特徴があります。耐震の場合は、建物を強化して揺れに耐える構造にしようとしますので、かなり揺れるのを覚悟しないといけないでしょう。それを考えると、分譲マンションの購入の際は、出来れば免震構造によって作られた建物を選ぶのがいいと思われます。建物そのものの揺れが少なければ、家具の転倒もなく、それによる二次被害も避けられるからです。

Copyright 2017 マンションを買うなら新築と中古のどちらがいい? All Rights Reserved.