マンションを買うなら新築と中古のどちらがいい?

賃貸マンションを選ぶ理由について

近頃は子供が成長して結婚する年齢になったら、たいていは結婚を機に家を出て、自分たちの新居を探して生活することがほとんどになりました。そのため、これまで一緒に住んでいた親とは別の場所で暮らすことになるため、実家には気づけば老親だけ、ということも珍しくありません。いずれは親の財産である家を相続するために戻ってくるつもりなら、賃貸マンションを借りて自分たちだけで生活をして行こう、と考えるのが、親との同居という選択はない今は、多くなっている時代だと思います。ただし、親の寿命は長くなってきていますから、相続するまでには時間がかかるかもしれません。

その間、家賃を払い続けて賃貸マンションを借り続けるのか、それとも自分たちで分譲物件を買ってしまう方がよいのか、判断は難しいところです。それというのも、空室が目立つマンションが増えてきたことで、家賃はどんどん下がっているからです。さすがに家を買うとローン返済は家賃よりも負担が重くなるでしょうし、親の家を相続した場合、二つの家ができてしまうことになりますから、家を相続できる立場にある人は、賃貸に住むことを選ぶという傾向に、これからますますなっていくのではないか、という気がしています。

Copyright 2017 マンションを買うなら新築と中古のどちらがいい? All Rights Reserved.