マンションを買うなら新築と中古のどちらがいい?

最新設備とマンションについて

賃貸ではなくて分譲でマンションを買ったとしたら、室内に設けられた設備には、最新式の物がたくさん使われていると思います。女性なら水周りが気になるところですが、お風呂の床が翌朝にはカラっと乾いているという床になっていたり、水圧が強いため、少しの水で十分勢いのあるシャワーが使えて節水できたりします。他にも、トイレも気になるところで、便器で使用する水も調節水と呼ばれる、もっとも少ない量で十分きれいに流してくれるものだったり、結露しないように設計されていたりと、最新版の設備や品物を使ってくれているのが分譲マンションだと思います。

快適に暮らせるのは間違いないのですが、その分、購入にかかる費用も上がるのも間違いありません。ただし、こうした設備はどんどん新しいものが出ますから、最新式を取付けたと思っても、すぐにそれを上回る新しいものが登場してきます。それを思うと、最初の入居の段階で二番手、あるいは三番手の設備の物でいいや、と思って購入費用を下げると、結局はしばらくしてリフォームをしなくてはならなくなったり、水道光熱費やその他の諸々の面で費用がかさむ可能性があります。せっかく買うなら、思い切って最新の分譲マンションを買いたいものです。

Copyright 2017 マンションを買うなら新築と中古のどちらがいい? All Rights Reserved.