マンションを買うなら新築と中古のどちらがいい?

マンション経営の注意点について

マンション経営が人気になってきています。資産効率が大変よく、自己資金をあまり利用することなく、借り入れ資金で効率よく収益をあげられる点が大きな魅力で、うまくすれば不労所得を安定的に確保することができる大変魅力的な投資手法です。

しかし、リスクは当然あります。入居者を安定して確保することができないと、物件購入時に負った負債を返済することができず、結局投資は失敗に終わってしまうことも十分あり得ます。そういった事態にならないためには、投資に利用する物件の価値を十分に考慮し、入居者を安定的に確保することがとても重要になります。

入居者を確保しやすい、魅力の高い物件というのは、入居希望者の主観によって変わってくるものですが、総じて一般的に入居者が求める条件としては、物件自体の価値よりも利便性にあるといわれています。駅が近くにあって複数の路線が利用できることとか、買い物に便利なショッピングモールがあるとか、大学が近くにあるとか、福祉制度がしっかりした地域であるとか、周辺の環境により、その物件自体の魅力も大きく左右されます。物件自体だけでなく、周辺の状況をきちんと押さえながら物件探しをすることが良い物件を手に入れることができる秘訣といえます。

Copyright 2017 マンションを買うなら新築と中古のどちらがいい? All Rights Reserved.